ICANNのCEO、「バーチャル・ワールドは世界のビジネスの未来」と断言

次の記事

BidSL―Second Life内のeBay方式のバーチャル・ワールド・オークション

twomey.jpg2007 Influence Forumのキーノート講演でICANNのCEO、Paul Twomeyは幅広い話題に触れたが、その中で「バーチャル・ワールドは世界のビジネスの未来だ」と述べた。

Twomeyは、Sims Onlineを例に挙げて、将来は小売業、クライアント・サービス業、B2B、広告業などを含むすべての企業がこうした種類のインタフェースを利用するようになると述べた。Twomeyは、ゲーム感覚インタフェースが現実世界で利用されているもうひとつの例としてGoogleEarthを引いた。Twomeyは地理的な位置同定サービスがバーチャル・インターネットで重要な役割を占め、次世代のバーチャルネットサービスでは地理的位置情報が焦点となるだろうとも述べた。

インターネットを管理する団体のトップが明日の世界はバーチャルになると述べたのは注目に値する。Twomeyは「そうなるかもしれない」とは言わなかった。単に決定済みの事実として述べたのである。SecondLifeのようなバーチャル・ワールドが明日の世界のモデルそのものになるかどうかは分からないとしても、Twomeyが正しいなら、 それらは正しい方角へ進んでいることになるわけだ。

(画像提供: BBC)

[原文へ]