骨伝導のJawboneがSequoia Capitalから追加投資確保

次の記事

Greylock Partnersがステルス検索のCuillに投資

ブルートゥース骨伝導ヘッドセット、まだ使ったことない人は以下動画をご覧アレ。通話状態はものすごくいい上、周囲の雑音も完全にシャットアウトできる優れものだ。楽曲再生中でも大丈夫で、通話相手の耳にはこちらが話してる声以外の雑音は全く入らない仕組みになっている。私自身これは何度もテストし、今では片時も離さず使っている。CrunchGearの連中もこのネタは何度耳タコなぐらい紹介している

この素晴らしい技術に目をつけたVinod Khoslaが同社に$5M(500万ドル)今年はじめ投資したのに続き、先週ロンドンで拾った巷の噂によると有力VCのSequoia Capitalも「Jawbone」に密かに追加投資したようだ。Sequoiaのサイトにも最近いつの間にやら、同社の名前が加わっていた。投資の規模は鋭意取材中だ。これで同社は$14M(1400万ドル)プラス、いくらかは分からないがSequoiaからの投資分を調達済みという計算になる。

ブルートゥース対応のヘッドセットは高価で、高いもので$150もする。けど、渋滞で喧騒が取り巻く車内でみんなお喋りに夢中でラジオもガンガン流れている…そんな状況で一度でも使ったら絶対「買って良かった」と思うはずだ。

[原文へ ]