oDeskのFacebook開発者の能力検定

次の記事

Meebo、ウェブチャットにファイル共有機能を追加

oDeskoDesk次世代型の契約開発者のアウトソーシング紹介サービスだが、最近Facebookアプリケーションの開発者のニーズが急増しているという。

oDeskでは従来からさまざまな分野でプログラミングの能力検定テストを提供している。現在実施されている検定にはAjax、CSS、.Net、DHTML、ASPなどがある。ここに新たに40分間の「Facebook能力検定」が加わった。Facebookアプリケーションの開発をアウトソーシングしたい企業はこの検定の成績を利用して開発者の技術を簡単に見分けることができる。

これに関連したニュースだが、VentureBeatの記事によると、この秋からスタンフォード大学のコンピュータ・サイエンス学部に「Create Engaging Web Applications Using Metrics and Learning on Facebook」という講座が新たに開設される。講師にはDave McClureらが就任する。

[原文へ]