Firefoxは肥大化していない。DRMは死亡する―MozillaヨーロッパのCEO、吼える

次の記事

Gmailにオフライン・クライアントの噂―大歓迎だ

tristannitot.gifTechCrunch UKのMichael ButcherがMozillaヨーロッパのCEO、Tristan Nitotに独占インタビューを行い、FirefoxやDRM、そしてMicrosoftについての意見を聞いてきた。

Nitotは自分の見解は歯に衣着せずにずばずば言う。 たとえばDRMについては―

「DRMに将来性はないと思う。自分の客を泥棒扱いするようなビジネスモデルは間違っている。連中、お客様は神様、どころか、まず泥棒だと思っているんだから。DRMシステムの解除キーの情報が漏れないと考える方がどうかしている。つまり、正規の購入者の方が、海賊版の利用者より不便を強いられているわけだ。これは大きな問題だろう。」

Nitotはまた「Firefoxは肥大化してはいない」と否定した。「それどころか、Firefoxはますます高速化している」とNitotは主張している。MozillaがFirefoxに対するさまざまな機能追加に対して抑制的であることは確かだろうが、Firefoxが高速化しているという言明はいささか驚きだ。多少速くはなっているかもしれないが、メモリーリークと時折クラッシュする癖は直っていないと思う。

インタビューの全文はここに

[原文へ]