TechCrunch40、Mintが$50,000の賞金を獲得!

次の記事

TC40 パネルディスカッション:エグジット戦略

Jason Calacanはたった今、MintがTechCrunch40のベスト・プレゼンテーション企業として選ばれたことを発表した。素晴らしいパーソナル・ファイナンス・アプリケーション(オンライン版会計ソフト)を提供するこの企業には、賞金として$50,000(5万ドル)が贈られた。

Mintは、今朝、「生産性とウェブアプリケーション」をテーマとしたSession5中にプレゼンテーションをした企業のひとつ。そのセッションのレポートはこちらからどうぞ。

下記は、 TechCrunch40 websiteにあるMintの企業紹介文。

“Mintは、パーソナル・ファイナンス・アプリケーション。これを使えば、ユーザーは日々のメインテナンスや会計の知識無しに自分の財務を一元で追跡、管理できる。アプリケーションは銀行、クレジットユニオン、クレジットカードのトランザクションを追跡し、請求が近づいたり、バランス(残高)が少なかったり、異常な出費があった際に、アラート通知をしてくれる。Mintの特許申請中のテクノロジーは自動でトランザクションを分類してくれるため、ユーザーはどこで出費が発生しているか、どの銀行の、どのクレジットカードの残高情報か、利子はどれだけ増えたかを正確に知ることができる。

このアプリケーションは、クレジットカードの契約情報や銀行のアカウントを常に探し出すことで、貯蓄の方法を支援している。Mintのテクノロジーはまた、ユーザーの財務を分析し、トップレベルの銀行と同じセキュリティシステムを利用しながらユーザーに対しレコメンデーション(提案)をしている。”

[原文へ]