mego
broadclip
befunky

TechCrunch40 Session 7:リッチメディアとマッシュアップ

次の記事

TC40パネルディスカッション: 資金調達

現在、個々の企業のサマリーに続けて、直接TechCrunch 40のフロアからセッションをライブブロギングでお届けしています。

XRT3D

xtr.pngXTR3D Dは、ユーザーが3Dの動作を使ってコンピュータやゲームコンソールと対話することを可能にするソフトウェアを開発している。そのリアルタイムソフトウェアは、簡単なWebカメラ1個でとらえた人間の動作を3次元解析する。ユーザーは、キーボードやマウス、ジョイスティックなどを使わずに、ゲームを愉しみ、仮想世界とのインタラクションができる。彼らはこの技術を“3D Human Machine Interface”と称している。
・Webカムでマウスの動きをとらえる。おっそろしくクール。
・デモでは手の動きでGoogle Earthを操っていた。
・仮想世界、ゲームには使える
・デモでボクシングを見せるが、うまく動く。掛け値なしにこのカンファレンスのベストプロダクト/プレゼンテーションだ。

xtr.jpg

CrunchGearでの詳細はこちら

他企業のプレゼンテーションはこちからどうぞ!
BroadClip:ストリーミングミュージックを「クリップ」し、合法的に送信
mEgo:オンライン・プロフィール
Wixi:見かけはウェブOS。ソーシャルネットワークにフォーカスしたメディア
BeFunky:写真や似顔絵をアバターに変換

BroadClipbroadclip.png

BroadClipの「MediaCatcher for Facebook」は、DRM(デジタル著作権)なしの音楽ソースを検索、再生できる手段を提供するもので、iPodや携帯電話などのポータブルメディアプレーヤーに最適化されている。ユーザーは、ただストリーミングミュージックを「クリップ」するだけで、録音された音源を合法的にプレーヤーに送信することができる。これはTiVoやVCR、テープレコーダーなど「タイムシフト」型などと同じ。へんてこなStar Warsのデモ。なんじゃこりゃ?まず、趣味が悪い。間違ってはいないが、まずい。アイデアは悪くない。ただ著作権については大きな疑問符が付く。彼らは合法だと主張するが、RIAAはウェブキャスターにロイヤリティ交渉の前提として、ストリーム剥がし防止ソフトの導入を要求している。Broadclip は使い易いストリーム・リッピングサービスだ。ステージ上の誰も、ストリームでプレゼンテーションの類いはしていなかったが、もしかして開発中なのかも。否定的になって申し訳ない。でも効果的ではなかった。

mEgomego.png

mEgo は、ユーザーがオンラインネットワークで集約したプロフィールを保持する個人のアバターを作成し、それをユーザーのブログ、ソーシャルネットワーク、ウェブサイト、IMクライアントに組込むことができるようにするもの。オンラインのプロフィールは、詳細プロファイルやビデオ、写真、フィード、ウィジェットなどユーザーが選択したコンテンツを表示する。
・あちこちで笑いが漏れる。Jason Calacanisが、ステージ上に発表者を迎えて嬉しいと言う。
・プレゼンテーションのタグチームはうまく機能していた。
・対話型ウィジェットのサンプルはFacebookにある。
・RSSやTwitterなどを含むソーシャルアグリゲーションを提供するなど機能は豊富。ベクター形式なのでサイズは可変。

mego.jpg

Wixi

wixi.pngWixiはソーシャルネットワークにフォーカスしたメディアで、ユーザーは互いに、写真、オーディオ、ビデオを含む様々なタイプのコンテンツを閲覧、投稿、共有することができる。このサイトは、コンピュータのデスクトップ上でファイルを整理するのと同じように、「ドラグ&ドロップ」、「クリック&プレイ」感覚でメディアを管理できるユニークなインタフェースを提供する。

wixi.jpg

・見かけはWeb OS、匂いもWeb OS。でもこれは“メディアシェアリング・プラットフォーム”。
・メインのwixi.comにアクセス、”tech40access”コードで無料無制限のディスクスペースが使える。
・これはいいと思う。

fb.jpg

BeFunky

befunky.pngBeFunkyは、ブログやウェブサイト、MySpaceのようなソーシャルネットワークで使用するユーザー自身のデジタルオンライン肖像を作成できるサービスを提供する。UvatarとCartoonizerというオンラインツールは、ユーザー自身を、アヴァター、似顔、デジタルペイント、漫画などに変換する。
・名前は気に入らないが、政治的穏当さという意味で、僕が何を考えたかを話せる。
・写真を似顔、アヴァターに変換するツール。まずまず。デモもよかった。
・写真の画像編集もできる。Michael Arringtonの写真を使って「20ポンド減量」をやってみせた。

befunky.jpg

・ビデオもできる。Matrixの場面を使ってデモ。印象的。じつに印象的。
・Avatorパッケージはアヴァターのような似顔を作成する。最初は無料。次から5ドル。

専門家パネル
MC HammerはMego、BeFunkyが気に入った。Brad Garlinghouse (Yahoo)もMegoが気に入り、BeFunkyも良いとコメント。Sarah LaceyはXTR8、Caterina Fakeはウィジェットプロバイダに懐疑的。

LoicはBroadclipを気の毒がっていた。
XTR8に関する議論:Bradはその昔のインテル製品を思い出すと言い、
Wixiに関する議論: これもマッシュアップとシンジケーション。
Broadclipは、ステージに上がって製品説明を行うと予想された約15分後、その製品について語る。
インターネットラジオのTiVoであるとし、 iPodにも迫れるという。

panelb.jpg

会場からの質問。Broadclipの著作権問題。答「われわれはレコード会社の収入を増やしている」。だが知的所有権専門弁護士であるにもかかわらず十分な答えにならず。MC Hammerが追及するも急所を突くには至らず。
Don Dodgeが客席からBroadclipは間違っており、売上も増やしていないし、何を言っても必ずトラブルを背負い込むことは確実だと言った。

[原文へ]