DiggはFacebookになりたいのか?

次の記事

SEOMoz、シリーズAで$1.25M調達

DiggがFacebookやMySpaceのようなソーシャルネットワーキングの新機能を本日(米国時間9/19)ローンチする。Diggユーザーはプロフィールページをつくって、そこから友だちと連絡をとったり、トップページに出ない記事も共有できるようになる。またチャットもできたり、プロフィールにメッセージも残せたり、まるでFacebookのwall機能だ。

Diggユーザーの間でもこのニュースへのリアクションは割れている。“Diggspace”の新名称になる日は近い、と言う声もあれば、グループ記事共有機能についてはこんなコメントも。

ひどいのは新機能を使って記事を広めたら友だちみんなに広まってしまって、システム試しているうちに禁足になりかねないところ。まったくすばらしい!(皮肉)

因みに、リンク共有の新機能が入ることで、Diggはケビン・ローズが立ち上げたもうひとつのスタートアップPownceの競合になってしまう。こうした利害の衝突が出てくるのが分かっている中、Diggがどう新機能を実現するのか、その辺が注目かな。

Update: ケビン・ローズがDiggブログに変更の発表とデモ動画(下)を公開した。

ローズによると、Diggが導入を予定している新機能は以下の通り。 :
* Digg Images: 画像専用コーナー(サムネイル付き)。ローンチは10月末。
* Revamped Comments: ajaxのロードは不要に。クリーンかつ軽量な新デザイン(昔のコメントシステムに似てる)
* Diggアラート: 人気のニュース、気になるトピックの人気記事要約、友だちからのおすすめ記事などメールアラートのカスタマイズが可能に
* オススメ記事: サーバー数ダース分で電算処理を行い、過去のDigg投票傾向をベースに友だちや記事をリアルタイムにおすすめ

(via BW

[原文へ]