IT職マーケットプレースのOnForceが$6.75M調達

次の記事

グーグルの411番号案内サービスの広告ビルボード

onforce.pngOnForceが、$6.75M(675万ドル)のシリーズA1資金調達ラウンドをAccel Partnersのリードで完了した。OnForceは「オンサイトITサービスのマーケットプレース」。利用する企業は、登録済の地元ITプロフェッショナル対象の契約業務の募集広告を掲示する。掲載料として$11を払う他、成立した場合は仕事が完結して最終支払いが終ってから10%を手数料としてサイトに払う。今回調達した資金を元手に、OnForceでは現在の米国だけでなく国外市場に業務範囲を拡大していく計画だ。

技術系サービス、特にコーディングのマーケットプレースは以前から存在していたが、OdeskやOnForceのようなスタートアップの参入によって、まだまだ改善の余地があることがみえてきた。OnForceのマーケットプレースは現在1万を超えるサービスのプロフェッショナルを抱えていて、ITサービスマーケットプレースでは50万件以上のサービス案件が成立している。同サイトによると、仕事の募集から受諾までにかかった時間の中央値は18分だという。

マーケットプレースにとっていちばん重要なのは、買い手と売り手の信頼関係だ。この点についてOnForceでは教育講座や、レーティングの仕組み、資格などの検定証や免許の確認、ChoicePointによる信用調査(オプション)などを用意している。

[原文へ]