ニュース

コンテンツ有料化モデルの終焉は近い

次の記事

Facebook、Accel、Founders「fbFund」発表。Facebookアプリ開発スタートアップ企業に補助金提供へ

nyt.jpg9月18日は、第二次世界大戦中で最も有名な作戦の一つ「Operation Market Garden」の第二日目として、知られているかもしれない。しかし、2007年においては、主要メディアの一部でひいきにされてきた有料コンテンツモデル終焉の始まりとして記憶されるようになるだろう。

昨日(9/19)、New York Timesは本日未明(アメリカ東海岸時間9/19)で、New York Times「Select Service」の有料サービスを廃止すると発表。これを以て、従来、有料サービスとして提供されてきたものも全て閲覧可能になる。

有料コンテンツの歴史はWeb 1.0のバブル景気が崩壊した時点にまで遡る。「Google Adsense」その他サービスなどを利用したコンテンツの収益化(マネタイゼーション)が登場する以前のことだ。無料コンテンツに対する多数の反発がしばらく続き、多数の企業が有料の閲覧プログラムを開始した。The New York Timesは、同モデルを維持してきた企業として最後の部類に入る。

確かに、Wall Street JournalがNews Corpによって買収されたことから、WSJの有料プログラムも終わりに近づきつつあるに違いない。同様に、「Australian Financial Review」の有料サービス「AFR.com」サービスも「終了間際で、間もなく閉鎖されるのではないか」とここしばらくの間うわさされている。

最重要ポイント:われわれ全てのものにとって勝利を意味するものだ。「コンテンツにアクセスするために料金を支払わなければならない」という概念は、殆どのサービス(特にコンテンツ)が無料で入手できるオンライン上では、概念として欠陥のあるものだ。NY Timesのような企業はコンテンツの無料提供で利益を手にすることができる。出版物全てのモデル崩壊は近い。

[原文へ]