Google、ブックマーク共有サービス「Shared Stuff」リリース

次の記事

FIQL、お見事。ミュージックビデオに関する著作権の落とし穴を回避

google3.jpgGoogleは、「Shared Stuff」というサービスを以てソーシャル・ブックマーク市場に参入した。

「Shared Stuff」はとてもシンプルだ。ユーザーは「mail/ share」ボタンをブラウザーにドラッグ、「Shared Stuff」プロフィールに追加したいページを見つけた場合は、ボタンをクリックするだけでよい。リンクには、画像、テキスト、そしてユーザーコメントなどが含まれる。そして、その結果は、直接iGoogleあるいはRSSなどから閲覧可能。Facebook Furl、Delicious、RedditそれにDiggなど外部ソーシャルブックマークサイトにもリンクをポストするために利用可能なオプションが用意されている点が興味深い。

また、メールで友だちを招待できる。Gmailのアドレス帳に記入されている人が同サービスを利用してブックマークをした場合も同様に閲覧可能だ。

タグやURLによるブックマークの検索も可能ではないか、と「Google Blogscoped」は述べている。しかし、私が同サイトを訪問した際には、そのような機能はすぐには見当たらなかった。

Googleには、すでにブックマークサービス(「Google Bookmarks」)がある。だから、これが、今後、同サービスに統合するための実験なのか、あるいは、長期にわたりスタンドアローン・サイトとして運営されるのか、はっきりしない。全体に見て、驚くほど素晴らしいサービスとは言えない。結局のところ、ソーシャルブックマーク・サービスは、長い間出回っているサービスで、しかも、各種サービスとも、似たり寄ったりだ。しかし、Googleが運営するサービスであることから、成功する可能性というのも考えられる。

googlesharedstuff1.jpg

[原文へ]