AIR版、Google Analytics―これだよ、これ

次の記事

MyQuire、コラボ作業の市場を狙う

Windowsを10年使った後、Macを買ったばかりの今、気持ちよく使える製品とサービスに対して感謝が高まる感覚すらおぼえている。そして、AjaxやFlashを効果的に使ったウェブサイトは大好きだが、よくできたデスクトップアプリケーションの使いやすさに匹適するオンラインサイトはめったにない。

だからこそ、9月17日に正式リリースされたGoogle Analytics AIR betaがすばらしい新風に思える。

この非公式版Google Analyticsは、ブラウザー版Google Analyticsの機能をはるかに使いやすくして、もっとリッチなエクスペリエンスを与えてくれるものだ。ご存じない方のために言うと、AIR(一時期「Apollo」と呼ばれていた)はAdobeが開発したプラットホームで、ウェブ開発者がこれを使うと、ウェブサービスがブラウザーを離れて一般のアプリケーションのように動作できる。

AIRのプログラムで、本当にこのプラットフォームの良さを感じさせてくれたのはこれが初めて。ベータ版ということで、完全とは言えない(何度かエラーに遭遇した)が、全体的に、非常にしっかりと動いていた。しかも、ここまでフル機能のプログラムを他人のAPI(ここではGoogleの)を使って実現しているところもまたすばらしい。

是非、Google Analytics AIR betaを使ってみて、開発したNicoにフィードバックして、さらに良い物にしてもらおう。AIRをまだ持っていない人が、AIRベースのアプリケーションを使うにはAIRをダウンロードする必要がある(Flashと同じように)。

サンクスOrli

訂正とアップデート: GoogleはAnalytics用の自前のAPIは持っていなかった。Nicoによると、このプログラムのために自作する必要があったとのこと(どうやって動くのかはよくわからない)。

また、現在はAdobeとGoogleの両社がこのプロジェクトに関わっているとも言っていた。Adobeは同社のShowcaseプログラムにこのアプリケーションを入れ、Googleのプロダクトマネージャーとエンジニアは、Nicoにフィードバックすると共に、セキュリティを高める協力をしている。

Nicoによると、Google Analytics AIRのbeta 2を、AIR beta 2の一般公開に合わせて提供する予定とのこと。現在は、多国語対応の改良と、AdWordsのインテグレーションに焦点をあてている。

[原文へ]