ニュース
playtheday

Web 2.0の未来予想クイズでiPod nanoをもらっちゃおう

次の記事

Zlango、ウェブ関連サービスをリリース

みなさん、予想はどれぐらい得意? 得意な人にはPlaytheDayのクイズゲームが楽しいかもしれない。遊び方は簡単で将来にまつわる問題8題に答えるだけ。連続8回正解だった人は勝ちで、毎日1個景品が用意されている。クイズは分野別にシリーズで何本かあり、分野はセレブ、音楽、スポーツ、ネット、ファイナンスなどなど。各設問にはヒントや、評価するサイト、答えが見つかるサイトへのリンクもついてくる。面白いのは答えの実際のデータが出る1日前に回答を締め切り、当日は正解と一緒に、同じ景品を争う(勝ち残った組の)参加者のリストも出てくるところ。

第1弾として10月14日(米国時間)には参加無料のWeb 2.0の未来予想クイズを開催する(参加受付中)。設問には「4pm時点でDigg上位の一番人気の記事には何票集まっている?」とか、「4pm時点でTechCrunchのトップ記事には何個コメントがついている?」といったのもある。正直言って予想スキルというより運で大方決まってしまう内容だが、ゲームは参加無料だし豪華景品のiPod touchが当たるチャンスも。Web2.0のグルな自分を証明する、またとないチャンスだ:)

無料ゲームはこのサイトの認知度を高めるために企画した。でもサービスの主なねらいはゲーム参加者にほかのクイズへの参加チケットを販売することにある。

賭け事のサイトは前からある分野で、GottabetやBluebet では文字通りなんでも賭け事にできる。予想ゲームも前からある分野で、PicksPal ではスポーツの結果予想が楽しめるし、SocialPicksのような他のサイトでは株でこれと同じことをやっている。

ついでに言うとPlayTheDayも前からあるサイトだが今週が正式ローンチ、というわけだ。ゲームの管理運営は個人が所有するFairPlayという会社が行っている。キプロス共和国(Cyprus)で法人登記された企業だ。製作は888.comの経営母体「Random Logic」元上級幹部のイスラエル人起業家をはじめ、賭博業界で実績のあるベテランのチームが手掛けた。

[原文へ]