Googleが、モバイルプラットホーム運用会社Zingkuを買収

次の記事

Flick.IMが、IMプラットホームになって帰ってきた

zingku.jpgGoogleは、モバイルプラットホーム運用会社のZingkuの「一定の資産とテクノロジー」を買収する契約を締結した。

Zingkuは次のように語った。

われわれのサービスは携帯電話から外に向けて発信するためにデザインしたもので、招待状から「モバイルチラシ」まで興味の対象になるものなら何でも作って、友だちと安全に交換できます。Zingkuは。携帯電話ではどの機種にもある標準テキストメッセージと写真付メッセージの機能を使います。ウェブでは、標準のブラウザーとインスタントメッセンジャーを使います。インストールが必要なものはありません。

われわれはこの会社の詳しい情報は把んでいない(サイトにも書かれていないので所在地さえわからない)が、Google検索によると、Flagship Venturesからファンドを受けているようではある。詳細がわかったら掲載する予定だ。買収価格は明らかにされていない。

(via GoogleBlogscoped)

[原文へ]