payittome

新しい広告モデル―ユーザー生成おねだり方式

次の記事

Deca.TV―VCがニューメディア制作会社に投資

たまたまこのアイディアを見つけたのだが、なかなか面白い。とはいってもまだ「payittome」というブログの記事に書かれているだけでまだ何も具体化はしていないのだが。アイディアというのはこうだ。何か商品が欲しい読者はその商品の写真を撮り、価格を記入してサイトに送る。これらの投稿写真の中から選ばれた写真がトップページに掲載される。広告主はその商品を買って、写真を投稿したユーザーにプレゼントし、写真に添えて自社のブランドを表示し、また写真から自社の広告へのリンクを張る。

これはオリジナルのmilliondollarhomepageと同様、このサイトが評判になって現実にたくさんの訪問者が現れるようになって初めて機能する仕組みだ。もし payittomeがよくデザインされたサイトを構築することができれば、そして呼び水役のスポンサーを何社か確保して、このシステムのアーリー・アダプターが何か商品を無料で手に入れることができるようにすれば、ユーザーがどっと押しかけてくるようになることもありえる。そうなればさらに広告主が増えるだろうし「善の循環」が始ることになる。

payittome自体がコミッションを取って収入源にするつもりなのかどうかは明らかではないが、システムが成功を収めた場合に備えて、もちろんそうすべきだろう。評判は今や広がり始めているのだが、まだサイトの運用が始っていない。payittomeの諸君、頑張れ。

[原文へ]