YouTubeにAdsense導入

次の記事

Xoom、シリーズEで$20M調達

youtubeadsense.jpgGoogleはAdsense広告を導入したYouTubeビデオのユニットの提供を開始した。これは画像あるいはテキスト広告入りのYouTubeビデオをエンベッドすることでユーザーが収入を得られるサービスだ。

これは現在盛んに行なわれているスライド・サービスに似ている。ユーザーはこのユニットを、自分の好きなコンテンツ(この場合はYouTubeから選択したビデオクリップ)を集めて発表する場として利用する。サイトの訪問者が広告入りビデオをクリックして再生すると、Adsenseと同様、サイト運営者は広告収入の一部を得ることができる。

「Google Operating System」の記事が指摘しているとおり、どんなビデオがこのプログラムで利用できるのか正確なところはまだ不明だ。エンベッド不可のプレミアム・コンテンツを除いて、全サイトのビデオが利用可能なのか、それとも現在YouTube広告プログラムに参加しているなど特定のビデオだけが対象になるのかはまだ明らかでない。

Googleによると、このYouTubeユニットはカテゴリー別に提供されるか、あるいはもっと興味深いが、内容連動方式で提供されるという。Googleは「サイト運営者はこのサービスを利用することでサイトの内容にぴったりマッチし頻繁に更新される人気あるビデオコンテンツを提供することができ、より多数の訪問者をより長時間サイトに滞留させることができる」としている。

[原文へ]