Nokia Maps~ノキア、Google Mapsの地図データNavteq買収へ

次の記事

eBayのSkype買収は失敗? ゼンストロームCEO辞任、アーンアウトは3分の1どまり

ノキアがデジタル地図メーカーNavteqを$8B(80億ドル)で買収するようだ(詳しくはWSJの記事参照)。

Navteqは車載用ナビゲーションシステム多数にデータを提供しているほか、Google Mapsに地図データを提供している企業のひとつ。携帯端末は1台1台地図サービスを搭載しなくてはならない。自然な組み合わせだ。 Nokiaが地図利用料を別途徴収するか、それとも今後出るNokiaフォン全機種に無料マップ搭載するか、その辺が気になるところ。

Navteqのデータを使っているGoogle Mapsは、iPhone、Blackberyyなど多くの携帯で使え、今や携帯のキラーアプリになりつつある。NokiaはGoogleのNavteqマップ利用料を滅茶苦茶吊り上げることもできるが、闇雲に追い詰めればただグーグルが他の地図ベンダーTele Atlasに乗り換えるだけ。

ここは全新型フォンにGoogle Mapモバイル版を入れるのと引き換えに、将来地図広告からあがる収入を分けるよう、グーグルに掛け合うのが賢明だろう(携帯キャリアも交渉に巻き込み取り分を与える。できない話ではない)。消費者も無料でマップが使えるならNokia携帯を選ぶ理由がひとつ増えることだし、NokiaはGoogleに勝とうとなんかしなくていいのだ。Googleはモバイル広告についてはNokiaより遥かに詳しいし、地図ソフトも既に消費者・開発者双方に大きな支持を得ている。

picture-147.png

[原文へ]