Bloglines

BloglinesがOpenIDをサポート―oAuthとAPMLもサポートへ

次の記事

Magnify.net、動画アグリゲーション用新プラットフォームをスタート

IAC傘下のBloglinesは今日(米国時間10/2)たくさんの新しい機能について発表を行なった。そのうち、Bloglines向けOpenIDのサポート、携帯向け「Bloglines Mobile」のベータ版、ユーザーによるカスタマイズ機能のバージョンアップなどは、直ちに利用可能。

ある観点からすれば、oAuth (Open Authentication) と APML (Attention Profiling Mark-up Language)のサポートをBloglinesが意図していることにいっそう興味が持たれる。素人向けに言えば、Bloglinesはユーザーに自分の「アテンション」のプロフィールを自由にコントロールさせようとしていることになる。

Googleの優秀なGoogle Readerが登場して(一部の統計によると)市場シェアのトップを奪って以来、この1、2年、Bloglinesは勢いを失った気味があった。8月に発表されたBloglinesの新しいベータ・バージョンと今日の発表は、BloglinesがRSS購読者をターゲットにアテンション・ストリームにおいて優位性を取り戻そうとする戦略の一環と見ることができるだろう。

Chris Saad の情報提供に感謝)

[原文へ]