「Google Transit」、「Google Lab」を卒業

次の記事

ソーシャル投資サイト、Covestorは計$100M「管理」している

googtransitlogo.jpgGoogle TransitはGoogleの公共交通機関の表示・乗り換え案内だが、いよいよGoogle Labを卒業「Google Map」の一部として正式に運用されることになった。ユーザーは経路を検索すると「運転の案内」に並んで「公共交通機関案内」というオプションが選択できる。

Google Transitはまだあらゆる場所を検索できるようにはなっていないが、利用可能な地域は増えている。Googleの発表によれば、最近追加された地域には「Santa Clara Valley Transportation Authority」、「Hampton RoadsTransit(バージニア州)」、「Bay Area Rapid Transit System」などがある。アメリカ以外の地域では中国、日本、ヨーロッパの一部で利用可能。

googtransit.jpg

[原文へ]