Twitter、テキスト・フッター広告をテスト中

次の記事

ブログに貼れるYouTube動画入りAdsense、火曜スタート

マイクロブログのTwitterはこれまでどういうビジネスモデルを採用するつもりなのかはっきりしなかったが、Tweetsの下にテキストでフッター広告を入れるプランを実験し始めたようだ。

This Is Going To Be Big」ブログが以下のスクリーンショットを公開している。

twtrad.jpg
このフォーマットはTweet本文の直後に挿入される「 tip 」という1行だ。ここで示されているメッセージは広告ではなく、CNet の人気ライター、Caroline McCarthyに対するお世辞だが、将来はこれが「Tip: Orkutはブラジル以外でも人気がある」とかの広告メッセージに変わると推測してもよいだろう。

Guardianの記事の最後の方に小さく書かれていたが、Twitterは企業が独自のTwitterページからユーザーにメッセージを送れる企業ブランドのチャンネルの提供を考えているという。記事中でTwitterのEv Williamsは「ユーザーの通常のコミュニケーションに広告を挿入するかわり〔にこれを考えている〕」と述べたとされている。それだとTwitterが計画しているのはフッター広告ではないということになるが、今回のスクリーンショットはやはりフッター広告を示唆する。

[原文へ]