SnapLayout、MySpaceが備えておくべきプロフィール・エディタ

次の記事

Google/YouTube合併1周年おめでとう! ささ、詰めて詰めて…

snaplayout_logo.pngプロフィールのスタイルを色々変えてみるというのがMySpaceでは大きな意味合いを持つ。ヘビーユーザー達はプロフィールページを毎日変更するし、「プロフィールページをどのようにカスタマイズするか」についてMySpaceのフォーラムページで質問するスレッド数は50万を超える。しかし、サイト運営が始まって4年が経過するというのに、プロフィールデザインとして提供されているのは、依然として外部サービスによるCSSのハックを利用したものか、他サイト(Real Editor)の「マネ」をしたとされるIEのみで動作するエディタだけ。

オンライン・ウェブサイト・デザイナーのWeeblyは、MySpace自体がすでに提供しておくべきなのに、と思わせられるような、より優れた多様な機能性をMySpaceのプロフィールデザイン用に提供している。Weeblyは、ここ数ヶ月の間に、MySpace用プロフィールエディタを独自に開発しただけでなく、インテグレート済みのウィジェットプラットフォームまで開発した。「SnapLayout」と呼ばれる新サイトにてホストされている。

snaplayout_editsmall.pngSnapLayoutエディタは、きわめて分かりやすい仕上がりになっている。まず、MySpaceの認証情報を使ってログイン。WYSIWYGのエディタを利用しドラッグ&ドロップでプロフィールページの主な外観を変更できる。事前に制作されたテンプレートから好みのものを選択することも、自分の好みにあわせて変更内容をカスタマイズすることも可能。ボックスをあちこち動かしたり、背景にFlickr写真を利用、文字サイズやスタイルの変更、さらにはプロフィールページのテーマ色全体を変えたり、などができる(例 夏のテーマ、冬のテーマなど)。また、プロフィールページのヘッダにアップロード済みの全写真からなるスライドショーの追加も可能。詳細については、Justine Ezarikとサプライズ・ゲストMC Hammerのデモ動画を貼付けておくので、そちらをチェックしてもらいたい。

しかし、より注目に値する点というのは、ユーザーが好みのウィジェットを選択、追加できるようにしたウィジェット・プラットフォームだ。利用するには、好みのウィジェットをクリック、プロフィールページ上の貼付けたい位置までドラッグするだけでよい。最初の例は、ユーザー間でギフト交換できるようにした無料ギフトウィジェットだ。ユーザーが友だちにギフトを贈りたい場合には、自分のアイデンティティを証明するために、MySpaceにログインするだけでよい。同ウィジェットは、バイラル的な要素もあわせ持つ。というのも、ギフトを表示したいというユーザーはSnapLayoutプロフィールを持っていることが必要だからだ。同サービスでは、今後数週間でさらに、限られた数のウィジェットを追加し続け、やがてはシステムを開放したいと考えている。

懸念される危うさというのは、もちろん、この先数ヶ月内に、MySpace自体がシステムのリリースを予定していることだ。しかし、MySpaceのイノベーションのペースが遅々としたものであることから、実現には至らないのではないだろうか。MySpaceサイトに機能性を追加する外部サービス開発によるアプリを「MySpaceの利用規約に違反している」という理由で、MySpaceが閉め出さないように祈りたい。



[原文へ]