Platial-Frappr

ソーシャルマップ、ゲームオーバーはまだまだ

次の記事

The Daily Show専用サイト公開。Colbert人気はまだまだ健在

Googleがソーシャルマップ機能を強化するにつれ、ライバルたちはグループ再編と重点項目の再考を始めた。今朝(米国時間10/18)、Kleiner PerkinsがバックアップしているPlatial(ポートランド拠点)は、競合相手Frapprを買収すると発表した。Frapprの共同設立者Kun Gaoは、今回のディールによりPlatialに加わることになる。

両社あわせての月間ユニークユーザー数は1500万。1億ほどのユーザー生成による写真、動画、レビュー、ストーリーや人物などの位置情報関連データを保有するとPlatialのCEOであるDi-Ann Eisnorは話してくれた(サンプルはここここ)。インターネット上で公開された地図ウィジェットの25%は同プラットフォームを通じて提供される。

Frapprはこれまで外部からの資金は調達していない。Platialはこれまで2度の投資ラウンドを行っている。2005年10月にエンジェル投資ラウンドを完了、参加したのはKleiner Perkins Caufield & Byers、Omidyar Network、Ram Shriram、Georges Harik、Jack Dangermon、Ron Conwayなど。2007年2月には、Keynote Venturesと初回ラウンド参加者の大半からさらに$2.6M(260万ドル)を調達した。

[原文へ]