kickstart
doostang

Yahoo、「Kickstart」をローンチ―大学生とOBを結ぶ新しいSNS

次の記事

Yahoo、「FireEagle」を発表―地理情報サービスのプラットフォーム

Scott Gatz率いるYahooの高度サービス・グループは「Kickstart」という新しいSNSをスタートさせる。

当然まずFacebookと比較されることになるだろうが、このサービスは実はLinkedInにより近い。それぞれの大学の在学生と卒業生を結びつけて就職やビジネス人脈づくりの方面で役立てようというものだ。卒業生は在学生の就職の援助(逆に、どんな会社にせよ自社に優秀な学生をスカウトしてくる)に役立てることができるし、学生は先輩に接触してキャリアづくりをスタートさせることができる。先日$2.5M(250万ドル)を調達した完全招待制の求職・求人ネットワークのDoostangも比較の対象になるかもしれない。

新しいユーザーは登録にあたって大学と職業に関する基本的な情報を入力する。(大学を選ぶと自動的にその大学のネットワークに加入することになる)。ユーザーは自動的にその大学を卒業した、あるいは在学しているユーザーに接続される。もちろんKickstartの他のユーザーとも個別に友達になれる。

Gatzによると「このサービスが発足した後は、イベント情報や掲示板などの機能を拡充していきたい」ということだ。最終的には企業の採用担当者の加入を許可するという。(が、スパム業者が入り込まないよう監視するとGatzは約束した)。

Kickstartは当初まず卒業生を募集する。12月31日までに一番多くの卒業生が加入した大学には$25,000の賞金が与えられる。

このサービスのデモを先週見せてもらったときに一番気に入ったのは、ユーザーが卒業した大学の同窓生の詳しい情報が参照できるデータベース機能だった。なににせよ、このサービスはパーティーで酔っ払った写真をアップロードするような場所ではない。すべての機能はプロフェッショナルとしてのキャリヤづくりのために集中している。これから大学を卒業しようとしている若い世代にはたいへん役にたつサービスになるだろう。楽しみはFacebookにとっておいて、Kickstartのプロフィールは、あくまで仕事の上でのコンタクト相手に見てもらうつもりで書くように。

昨日、われわれは大学生専用の時代の楽しいFacebookを再現しようとしているスタートアップを数多く紹介した。Kickstartはそういうサービスではない。それでもこのサービスには大学生が大挙して参加するのではないかと思う。

Kickstartの開発チーム全員がここに

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)