Wal-Mart
gos

gOS―コンピューティングの未来形?

次の記事

Yahoo、「Kickstart」をローンチ―大学生とOBを結ぶ新しいSNS

gos.jpg木曜日にわれわれはgPCという必要最小限の機能のコンピュータがWal-Martから$199で売り出されたという記事を書いた。OSはLinuxでなんとgOSという名前がついていた。残念ながら最初の記事で示唆したような(ながらく噂に上っていた)Google Operating Systemとは関係なかったが、これを売り出したチームはもちろんGoogleを念頭に置いていた。

FsckinでのインタビューでCEOでファウンダーのDavid LiuはgOSプロジェクトでどういうことをやろうとしているのかを説明している。

私はGoogleのアプリケーション、特に文書、表計算、プレゼンテーションに興味があった。私は「Google OS」なんていう伝説のOSがもし実在するとしたら、こんなふうになるんじゃないかと、私なりのアイディアで一つ作ってみた。Googleのアプリケーションをひとつひとつ全部検討していくうちに、私は日常のコンピューティングは結局すべてGoogleのサービスの中でできるようになる―つまりわれわれに本当に必要なのは人々がGoogleを上手に利用できるユーザーフレンドリーはOSだけだと気づいたんだ。これに気づいてから、私はたいへん興奮した。つまり、エンドユーザーの主流を相手にした大きなビジネスが可能になるぞと思った。…幸いGoogleはLinuxで作動する。

gOSのキャッチフレーズは「Wal-Martで買い物をする人間のためのLinux」というものだ。しかし実際のところ、どうなのだろう? gOSはダウンロードもできるので、私はVMWareFusion〔Mac用仮想マシン〕でこの未来のコンピュータを試してみることにした。

gos1.jpg
普通のLinuxデスクトップではない

gOSのLinuxをインストールしたときで真っ先に目につくのは、ウィンドウズ・システムのマネージャが一般的なGnomeやKDEではなくEnlightenmentシステムを利用していることだ。KDEとGnomeはそこはかとなくMicrosoft Windowsにルック&フィールが似ているが、 Enlightenmentはちょっと OS X風で、ウィンドウの角が丸めてあったり、開く/閉じるのボタンが窓の左上に配置されていたりする。Dockバーが画面下部いっぱいに表示されており、ここにさまざまなGoogleツールや、Meebo、Skype、Wikipedia、Facebookその他gOS特有のアプリケーションへのリンクが並んでいる。Google検索ボックスはデスクトップの上部右側に設置されている。

gos2.jpg

画面下部左端の葉っぱの形のアイコンから見慣れたWindowsスタイルのメニューを開くことができる。さらにここからアプリへのショートカットや設定のオプションが開ける。おもしろいことに、Googleアプリケーションの利用に重点を置いているにもかかわらず、LiveCDにはOpen Officeも標準でバンドルされている。

ちゃんと動いた

私はいくつものGoogleアプリを試してみたが、他の高価なマシンで作動するのと同様、ちゃんと動いた。アプリケーションはFirefox上で作動する。ひとつだけ、私が発見した難点は機能というより美的な見地からのもので、gOSに標準でバンドルされたフォントがあまり美しくない。しかし、たいていのユーザーは気にしないだろう。

Dockバーのショートカットはブックマークを保存したりウェブページのアドレスを打ち込んだりできないようなコンピュータ初心者には便利だろう。といっては言いすぎかもしれないが、たいていのユーザーはこんなバカでかいショートカットボタンは必要としないのではないか?

未来は?

この記事の読者はこのコンピュータを買いそうにない。スペックは低いし、テクノロジー・ブログを読むようなユーザーは別にgOSでなくても使いこなせるだろう。とはいえ、gOSはコンピュータが向かっている未来の形のひとつの実験ではあるかもしれない。さまざまな分野でウェブ・アプリケーションはデスクトップ・アプリケーションに追いつき、一部では代替し始めている。われわれが作業のほとんどをオンライン・インタフェースを通じて行うようになれば、現在のようななんでもこなす強力なOSの必要性は薄れてくる。gPCやgOSはその意味で面白い試みだ。子供たちの宿題用の2台目、3台目のパソコン、あるいは逆に子供たちがハイエンドのパソコンでゲームをしている間に仕事をするための安いパソコン、といった用途にはちょうど手ごろだ。いずれにせよ、これは第一世代―いやまだ0.1世代かもしれない―の試みだ。今後こういった方向の製品を目にする機会は増えていくだろう。10年、15年、いや20年ぐらいの期間を考えると、ソフトウェアをローカルにインストールして使うというのが例外で、gOSのようなオンライン・インタフェースが普通になっているかもしれないのだ。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)