Digg/coRank買収説はガセ、Diggはホワイトラベルビジネスに参入か

次の記事

Digital TelepathyがWeb 2.0起業を支援

corank.png先週から今週にかけてのホットなによると、Diggがホスト方式ソーシャル投票サイトプロバイダーのcoRankと買収交渉をしているらしい(coRankを使うと簡単に、Diggライクのサイトを作れる。Ningでソーシャルネットワークを作るのとよく似ている)

噂の真偽を誰もcoRankに聞こうとしないので、私が聞いてみた。CEOのRogelio Bernal AndreoはDiggとの交渉を否定した。

coRankはまだ生まれたばかりで、やらなくてはいけないことがたくさんある。コラボレーションの相手やパートナーは探しているが、身売りは考えていない。だから、私の公式回答は、ノー、Diggとはこれまでに話をしていない。

Rogelioが話してくれたところによると、coRankは5月にコラボレーションの可能性をDiggに打診したが、けんもほろろだったという。Rogelioは、DiggにとってDiggクローンビジネスをすることはあり得ると言っていた。Diggはそのアイディアに反対はしなかったが、組もうとはしなかった。

Diggがこの先成長するために新しい道を探すうえで、ホワイトラベルサービスで人がDiggライクのサイトを作るの手伝うのもいいかと考えるかもしれない。今、そのビジネスはcoRankやオープンソースのPliggなどに握られている。

coRankは、その起源であるDiggスタイルサイトのプロバイダーから、多種多様なサイトを提供するように変化を逐げ、今ではDigg機能を持たないサイトもたくさんある。最新作についてはわれわれの10月の記事を見てほしい。

coRank

[原文へ]

(翻訳: Nob Takahashi)