Google、スパイスガールズの産みの親、Simon Fullerと交渉中?

次の記事

特報―eコマース・サービス「GoodBarry GoodBusiness」、読者500人を無料招待

simonfuller.jpgThe Guardian紙によると、Googleはスパイスガールズや英国の人気テレビ番組「Pop Idol」(これのアメリカ版がAmerican Idolだ)の産みの親と「インターネットテレビに革命を起こす」ようなジョイント・ベンチャーに関して交渉中だという。

Googleがビデオ・コンテンツをホストするか、あるいは制作するプロジェクトらしい。

この記事によると、GoogleとFullerは約1年にわたって話し合いを続けており、Fullerに近い筋によると「エンタテインメントと音楽の流通に革命を起こす」可能性のあるプロジェクトだという。

何度も私がこれを繰り返すのんで、もう耳にタコができているかもしれないが、 Googleの野心には限界がない。 一方、Fullerは英国版のMark Burnett〔Survivorなどアメリカの人気リアリティーショーのプロデューサー〕のような存在だが、彼の音楽における成功を別にしても、世界を見渡すのがテレビで成功するコツだ。

Googleはどの部門でこのプロジェクトに参加するのか詳しい情報はない。YouTubeと見るのが普通だろう。内容はYouTube独占のリアリティーショーだろうか? 記事が事実なら、GoogleとFullerのジョイントベンチャーとしてはそういった方向がいちばん自然に頭に浮かぶ。

(写真: BBC

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)