Yedda

AOL、Q&Aビジネス進出。イスラエル拠点のYeddaを買収

次の記事

CyberHomes、ベータ段階から本格スタートへ。不動産データの質の高さを主張

私がYeddaファウンダーのAvichay NissenbaumとYaniv Golanに初めて会ったのは2006年2月にイスラエルを訪れた時だった。同社は、(ユーザーからの)質問に対し(ユーザーが)答えを提供するというある意味Yahoo Answersと似たQ&Aサービスをホストしており、昨年後半にスタートした

今晩(米国時間11/11)、同社はAOLによる買収を発表。買収について内容は明らかにされていない。Yeddaによれば、従来どおりテルアビブを拠点に同じ体制で独自にビジネス運営を進めるというのが現在のプランだ、と言う。徐々にAOLへと統合を進めるようだ。

昨年以来、Yeddaは目覚ましい発展を遂げてきた。Yahooやその他サービスと直接競合しているだけでなく、その他の独立したQ&Aサービスの運営も手がけ、Yeddaのパートナー数は現在50を超える。一例にはePalsTheJobNetworkなど。トラフィック数トータルの90%がパートナーサイトによるものだとYeddaでは話してくれた。

これまでに$2.5M(250万ドル)をベンチャーキャピタルから調達した同社は、規模としては小さいものの急速な成長を続けている。Comscoreのデータによれば、6月のユニークユーザー数21万5千から、先月時点ではユニークユーザー数80万へと同サービスの利用が夏以来急増した模様を示している(下図参照、パートナートラフィックは含まず)。

CrunchBase:Yedda

[原文へ]

(翻訳:Nobuko Fujieda)