Google AdSenseに関するアップデート―クリック詐欺は減少する?

次の記事

CBS Newsの脚本家もスト入りへ―ウェブのコンテンツ・プロバイダーは大喜び

GoogleはAdSenseに小さな変更を加えたが、これはひょっとすると不正クリックに相当の影響を与え、ひいてはAdSenseユーザーの収入にも響いてくるかもしれない。GoogleはAdSenseのクリック可能な領域をボックスからテキストリンクそのものに変えた。「Google Blogoscoped」にその差異を説明するモデルが掲載されている。

Googleは明らかなクリック詐欺については探知してカウントから除外する措置を取ってきたが、広告領域を「うっかり」クリックしてしまうという問題が残っていた。これは一見ささいに思える点だが、正規のクリックと区別しにくく、広告主にとってはかなりの無駄となっていた。去年、GoogleとYahooは「クリック詐欺が横行している」主張に応えて対策を打ち出さざるをえなくなり、結局第三者による監査という措置を取った。またGoogleはこれに伴って$90M(9千万ドル)を和解金として支払った。潜在的なクリック詐欺の総額からすればごくわずかなパーセントに過ぎないが、この問題に対してGoogleへの警鐘となったことは間違いないようだ。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)