DRMの将来は「Live Free」か、「ダイハード」か?

次の記事

Invitastic―オンラインのイベント招待サービスを基本に戻す

live-free-or-die-hard.pngDRM陣営は、最近、「ある程度までは」コピーを認める方向に動き始めた。11月20日にリリース予定の「Live Free or Die Hard〔ダイハード4.0〕」は初めてパソコンとさらにもう一つのUSBデバイスへのデジタル・コピーを認めるDVDとなる。つまりDVD1枚の値段で2つのコピーが手に入るわけだ。発売元のFoxではこれを「Fox Digital Copy」と呼んでおり、将来発売されるDVDにも適用していく考えだ。残念なのは、コピーができるのはMicrosoftの「PlayforSure 」DRMテクノロジーが利用できるコンピュータだけという点だ。ということはiPods、Sony PSPはもちろん、Zuneも除外される。

しかし、やっとこれで自分のコンピュータへのコピー(Macでなければ、だが)が許されるようになったわけだ。もっとも、ユーザーのコンピュータに直接DVD動画を再生できる機能があれば、コピーの手間もいらないし、ハードディスクの場所も取られずにすむわけだが。ちなみに、Foxのハリウッドのお偉方連中は、DRM処理されたDVDに「LiveFree」というタイトルがついている皮肉に気づいているだろうか?

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)