YouTube HD間もなく実現

次の記事

アントレプレナー2.0

YouTubeがハイデフィニション(HD)動画をテスト中らしい。YouTubeは万人にコンテンツを提供するのが主業務なのでHDプロダクト推進事業を行うと決まったわけではない、という条件付きでYouTube共同ファウンダーのSteve ChenがNewTeeVeeカンファレンスで昨日(米国時間11/14)明らかにした。

高画質のHDはバッファーが長すぎても視聴者が逃げていってしまうので、Chenはその辺のことも含めてHDサービスを多くの人に視聴可能なかたちで届ける難しさを語った。ChenがCNetに話したところによると、最初のHDコンテンツは3ヶ月以内にYouTubeデビューとなる模様。

HDで動画サービスも一歩前進の運びとなる。YouTubeでHD実現を求めていた人たちは視聴者から拍手喝采だろうけど、YouTubeは苦しい板ばさみの部分も。YouTubeはユニバーサルなアップロード環境と視聴アクセスを万人に無料で提供して大人気となった。ところがHDはアクセシビリティが大きな問題。やっとここ数年でネットのアクセススピードはオンライン動画の視聴に見合うところまできたわけだが、HDはバンド数がなにしろ大きいのでネットアクセススピードによって見れる人と見れない人に自動的に振り分けられてしまう。

高速ブロードバンドは広まってはいるが主要都市中心部を離れるとカバーエリアはまばら。そんな中、万人にアクセスを提供する大義名分と高まるHD実現を求める声の間でどうバランスを取っていくのか? 今はHD実現してしまったライバル、実現を目指しているライバルも多いだけにYouTubeの出方が注目される。

CrunchBase: YouTube

[原文へ]

(翻訳:satomi)