Yahoo、新聞社との提携をさらに拡大―555紙に

次の記事

Facebookが中国ソーシャルネットワークZhanzuo.comに$85Mで買収を提示

Yahooは新しく17の新聞とグループ提携契約を結び、2006年11月のこのプロジェクトのスタート以来、提携先は合計でおよそ555紙となった。

新しいパートナーには「Columbus Dispatch」を始め、New York Times社傘下の16の地方紙が含まれる。Wall Street Journalが指摘しているとおり、NYT自身は依然として加わっていない。

この提携には大きく分けて3つの主要なサービスが含まれる。ひとつは地方紙のローカルニュースをYahooのコンテンツとして配信すること。第2は新聞サイトへのYahooの広告掲載、そしておそらくこれがいちばん大きなセールスポイントになっていると思うが、YahooのHotJobsページに新聞社の求人広告を一括転載できるようになることだ。求人広告がますますオンラインのみにシフトしていく時代にあたって、この最後の点、新聞という印刷媒体と同時にオンラインにも広告が簡単に出せるというのは、広告主に向けてYahooの大きなセールスポイントになるだろう。

Googleも今年、配信契約を結ぶプロジェクトをスタートさせたが、依然として配信の範囲、サイト数共にYahooのパートナーには及ばない。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)