案内広告のOodle、サイトをリニューアル、広告ネットワークをテスト中

次の記事

Windows Liveからドメインを対象にした「Community Builder」リリース

oddle-logo2.png 案内広告検索エンジンのOodleはサイトの大掛かりなアップグレードを実施した。Oodleはウェブ全体から有効な案内広告3千万件程度が常時検索が可能なサイトだ。Oodleはまた提携する他のサイトに、空いている広告スペースの埋め草〔backfill〕広告ないしサイドバーの内容連動広告としてOoodleの地域案内広告を配給する広告ネットワークのテストを始めた。

Oodleの新しいユーザーインタフェースは9つのカテゴリー(自動車、不動産、レンタル、職業、ペット、チケット、デート、サービス、売りたし)別からさらに細かい項目を選択していく検索方式でさらに使いやすくなった。下位カテゴリーの複数のタブを選択して検索の絞込みができるので、検索用語をフルに入力しないですむ。(たとえば「Williamsburg および Tribeca」のアパートとか 「Toyota および BMW」の自動車などを一度に検索できる)

oodle-map-3.pngユーザーが求めている検索カテゴリーに応じて、ビジュアルなスライダーその他便利な検索ツールが用意されている。(ペットの場合は種類、車の場合は価格、年式、走行距離、不動産の場合は面積、地域、内装、デートの場合は性別、性的指向、結婚状態、喫煙、髪の色、生まれ月の星座など、という具合だ)。Oodleは車のように十分なデータが得られる場合はシンプルなグラフで価格比較を行う機能の提供も始めた。(たとえば、ニューヨーク市内での中古ミニクーパーの価格の平均は2007年モデルの場合、$18,132できわめて急激な価格低下が起きているのがわかる)。また在庫の予測機能もある。ミニの在庫は現在258台だが、過去の統計から推定すると、来週さらに35台の追加が見込まれる、という具合だ。大半の検索結果はGoogle Map上で位置を確認できる。

CEOのCraig Donatoはウェブ上の案内広告の検索を他の商品やサービスの検索同様、シンプルで使いやすいものにしようと努力している。しかし案内広告というのはなかなか厄介ものだという。一般ユーザーは案内広告を検索しようとして戸惑うことが多い。Donatoは次のように説明している。

案内広告は現れたかと思うと消えてしまう―そういうものなのだ。案内広告は説明が簡単過ぎるし、方々の小さなサイトに散らばっている。検索にはむやみに時間がかかる。検索するようより狩りをしているようなものだ。お買い得な品物はすぐになくなってしまう傾向がある。

DonatoがOodleで取ったアプローチは、まず細分化されたカテゴリーを設けることで検索ガイドの役を果たさせようというものだ。またメールによるアラートや在庫予測など、ユーザーが長期間にわたって興味あるアイテムを追跡する手助けをするツール、購入決定の参考としては価格比較ツールを用意した。またスパム広告に騙されてユーザーが被害を受けるのを防ぐために高度なスパム・フィルター機能を組み込んでいる。この検索エンジンは毎日8万のソース・サイトから50万件の案内広告を吸い上げている。ソース・サイトにはAutobytel、Cars.com、Career Builder、Monster.com、Kijiji、地域タグを付与されたeBayの出品、不動産ブローカーのサイト、地方紙などが含まれる。

ソースにCraigslistが含まれていないのが目立つが、これは数年前にCraigslistがOodleを締め出したため。Donatoによれば今やOodleの方がはるかに多くの広告件数を持っているという。非常の多くの広告が両者で重複している。〔無料の〕Craigslistでは広告を目立たせるためにユーザーは自分の時間を投資して、繰り返し繰り返し投稿しなくてはならない。Oodleなら目立たせるためには単に料金を支払えばよい。目立たせるためにはユーザーは喜んで料金を支払うものだとDonatoは言う。

Donatoは「Oodleは毎月200万のユーザーを集めることで目立つ存在になることに成功した」という。 25から30%のトラフィックは提携サイトから来る。地域広告ビジネスに参入したいTV局やウェブサイトの案内広告欄にOodleの有料広告を掲載する(クリックスルーによる収入の大部分が得られる)地方紙などが提携先だ。Donatoによれば、現在こうしたパートナー提携の案件を200ほども抱えているので、来年は最初の営業利益を計上できるはずという。

しかし、Craigslist以外にも、Oodleには他の特定分野の検索サービスとの厳しい競争が待ち受けている。案内広告の分野に力を入れているサイトには、EdgeioVastLiveDealなどがある。 OodleはJAFCO Ventures、Greylock Partners、Redpoint Venturesから去る3月、$11M(1100万ドル)を調達している

情報開示: Michael ArringtonはOodleのライバル、Edgeioのファウンダーで現在同社の取締役。

oodle-home-page-small.png

Crunchbase Oodle

Crunchbase Vast

Crunchbase Edgeio

[原文へ]

(翻訳:Namekawa、U)