SightSpeed
rondee
marratech
DimDim

Rondeeが“Evite”っぽいカンファレンスコール新提供

次の記事

Viddlerのタグ方式による新型広告システム

rondee_logo.pngカンファレンスコールは使いにくいもの。分刻みの有料プランを使ってもあんまり変わらないが、最近はわざわざ利用料を払う理由も思いつかないほど無料版が増えている。FreeConfereceCall.comにFreeConference.comにLypp、そして小さなスタートアップも山とあり、無料でサービスを振り撒いている。

rondee_small.pngコストは同じでも、RondeeはインターフェイスがEviteっぽくて、僕がこれまで見た中で最もシンプルなカンファレンスコール専用システムだ。電話の日程が設定できるRondeeのサービスには、簡単に使えるよう細かな機能がいろいろ備わっている。

ユーザーはただ情報を選んで、招待状にデータを記入するだけ。あとはRondeeが参加者全員に電話番号と暗証番号をメールしてくれる。Evite同様、自分でテーマは選べるし、参加者は他の人たちも招待できる。また、参加者は都合の良い時間に日程変更も可能。会議が近づくと、サービス側から自動的にリマインダのメールが参加者全員に送られる仕組みだ。さらにクリック1回で会議日程をOutlookのカレンダーに追加することができる。

参加者は619-2-RONDEE (619-276-6333)に電話をかけてPINナンバー(自分の暗証番号は自分で選べる)を入力する。 Rondeeに予め自分の電話番号を渡しておくと、その番号から電話をかけるだけで自動的にカンファレンスに入室できるのだ。Rondeeはこちらが前回かけた電話番号と連絡先を覚えていて、将来のレファレンスとして活用してくれる。無料通話録音サービスも間もなく追加の予定というし、トランスクリプションやWebExのようなスクリーンキャストの有料サービスをRondeeのプラットフォーム上で行う計画もある。

しかし競争は激しい。WebExの買収に$3.2B(32億ドル)出したシスコに後悔させたいスタートアップなら五万とある。DimDimZohoSightSpeedVyew、そしてGoogle (Marratechを買収した。これら全ての企業が同じカスタマーベースをめぐる争奪戦に群がっている。

[原文へ]

(翻訳:satomi)