ニュース
Facebook / フェイスブック(企業)

Stanford大のFacebookアプリ講座のアプリのインストール数が100万を超えた

次の記事

Citibank はブログ・トラッキング・サービスをセキュリティー上のリスクと考えている? 

Dave McClureはこの1学期間、Stanford大でFacebookアプリケーション開発のクラスを教えてきた。クラスの学生はおよそ50人で、小人数のチームに分かれて25のアプリケーションを開発した。われわれも以前に紹介している。今夜(11/19)そのアプリケーションの一つ、「KissMe」のインストール数が午後6:30の時点で100万を超えたという報告を受け取った。別のアプリ、「Send Hotness」も数日のうちに100万の大台を超えそうだという。プロが作ったアプリの多くがほとんど注目もされないでいるのと比べて驚くべき数字だ。

KissMe – 友達を招待してこのアプリを使ってもらうことで「キス」するというもの。〔アプリ自体に特に機能はない〕ユーザー数(10万人)で見ると、クラス中で一番人気のアプリみたいだ。〔訳注:ユーザー数は11/1時点のもの〕

Send Hotness – 友だちの中から最もセクシーな10人を選び、友だちを招待してランキング作りを手伝ってもらう。ランキング表示には最低10人の招待が必要。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)