「Social Actions」、オンラインP2P募金情報を統合

次の記事

感謝祭おめでとう!そして、Gillmor Gangが帰ってきた

socialactions.jpgオンラインP2P方式の募金支援サービスは今年に入ってから着実に数を増やしている。いわば「寄付2.0」といった感じだ。 どんな分野でも成熟の兆候は多くのサービスからデータを抽出して統合するアグレゲーション・サイトが登場することだが、「Social Actions」は募金の分野でちょうどそのようなサービスを提供する。

Drupalのバックエンドを利用したSocial Actionsは以下のサイトのデータをモニタし、索引づけする。BringLight、Change.org、ChangingthePresent、DemocracyInAction、Firstgiving、Fundable、GiveMeaning、GlobalGiving、Kiva、PledgeBank、Razoo、SixDegrees。検索は通常の検索エンジンのスタイルでもできるし、募金のプラットフォーム、テーマ、あるいは場所をキーにしてデータを抽出することもできる。このサイトにはDigg方式の投票システムもあり、ユーザーはいろいろな募金活動に対し評価を投票できる。ユーザーがDigg本家に投稿したい場合は、そのためのDigg投稿リンクも用意されている。

Social Actionsは現在のところ、モントリオールに住むPeter Deitzの個人サイトだ。Deitzは今週に入ってウィジェットのサポートを開始するなど、機能の強化に努めている。
sa11.jpg

[原文へ]

(翻訳:Namekawa、U)