Universal

DRMなしのクラシック音楽―ドイツ・グラモフォンがオンラインMP3ストアを店開き

次の記事

GoogleのGDrive―「Platypus」復活…か?

Universal Music Groupは今年、DRMなしの音楽販売を試し始めている。どうやら海賊どもがクラシック音楽を荒らすことをさほど心配はしていないらしい。Universal傘下のDeutsche Grammophonは1898に創立されたドイツのクラシック音楽専門のレーベルだが、来る水曜日にDG Web ShopというMP3音楽のオンライン・ストアをローンチする。

このストアでは、2万4千のアルバムや箱入りセットを、垂涎ものの320 kbpsという高音質でエンコード(標準は128-192 kbps)している。このうち600組はすでにCDでは絶版になっているものだ。

アルバムは$/€11-12、1曲バラ売りだと$/€1.29という価格設定で、現在のドル安ではアメリカのユーザーには大変お買い得になっている。このサイトは42ヶ国から購入可能で、アルバムの解説パンフレットやプロモーション・ビデオ、ツアー情報なども入手できる。

ひとつ注意しておきたいのは、クラシック音楽の著作権に対する法的保護は、一段薄い―つまり録音された演奏のみが保護の対象となっており、曲自体の著作権はすでに消滅しているという点だ。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)