nasdaq

NASDAQがインターネットインデックス開始

次の記事

SeeTooのベータにご招待。これもYossi Vardiのスタートアップ

nasdaq.jpg店頭銘柄気配自動通報システム(NASDAQ)株式市場が新たにインターネット企業のみのインデックス「NASDAQ Internet Index」をスタートした。

この新インデックスは、あらゆるオンライン分野のインターネット企業のパフォーマンスを追跡するもので、対象企業にはISP、検索エンジン、ウェブホスティングサービス、ウェブデザイン会社などが含まれる。インデックスは、企業のセクター内でのパフォーマンスを評価し、YahooやGoogleなどの株価の方向性を素早く表わす。

このインデックスの存在自体が、金融界におけるインターネットの成熟度と重要性を示している。しかし、NASDAQにはほかにも、コンピューターインデックス、テクノロジーセクターインデックス、非テクノロジーセクターインデックス、中国、イスラエルなどの国々のインデックスなどさまざまなマーケットセグメントのインデックスがあることを考えると、これは予想されたことではあった。NASDAQのリリース文には、インデックスの内訳の詳細が明かされていないが、Googleがこのインデックスの親玉で、Googleがくしゃみをすればインデックスが間違いなく急落することは容易に想像がつく。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)