ニュース
Tagworld
socialproject
Ning
FLUX(企業)

NingのCEO、 FluxとViacomを論争のリングに呼ぶ

次の記事

CellfishがAddToPhoneで携帯電話用メディア変換を提供

シリコンバレーのNingとロサンゼルスの Flux はどちらもユーザーが数回のクリックで機能豊富なSNSコミュニティーを構築できる「ネットワークのネットワーク」を目指すサービスだ。

$44M(4400万ドル)の資金を集めて2005年にローンチしたNingのプラットフォーム上には現在13万のSNSが作られている。NingのファウンダーはMarc Andreessenと現CEOのGina Bianchini。(右の写真)。

一方、9月に発足したFluxはViacomとSocial Project (以前のTagworld)のジョインント・ベンチャーだ。こちらはまだ正式ローンチ前だが、 Viacomの関連事業(その中にはMTVが含まれる)とサードパーティーの多数のSNSを擁している。

ところで、この2社はこのまま行けば激突するコースに乗っている。どちらのプラットフォームも多数のSNSのユーザーを共有する―という意味は、これらのプラットフォームに登録したユーザーはワンクリックで新しいSNSに次々に加われる。Ningはいわばゼロからスクラッチでユーザーベースを築いてきた。そのため、往々にして非人間的と感じられる巨大ネットワークに対して優位に立っている。一方のFluxは新参だが、なにしろViacomの何百というブランドが背後に控えている。しかも近々サードパーティーのSNSにもオープンされれば、参加希望者にはこと欠かないだろう。

しかしNingの共同ファウンダーBianchiniはFluxについて疑念を感じているという。BianchiniはFluxのビジネスモデルについて詳細な分析を試みたレポートをわれわれに送ってきた。彼女はViacomのパートナーとの関係の歴史、訴訟好きな体質、Fluxのマーケティング資料とサービス約款の矛盾、などを衝いている。Fluxはまだ現在コメントを出していないが、無論やがて反論があるだろう。

このGina Bianchiniのレポートは全文をジャンプの後に掲載した。この件に関しては、 Fluxが正式にサービスをスタートさせ、またこのレポートの主張を十分検討したうえで反論を述べるまで、私自身は中立を守ることにしたい。しかし、これだけは言っておきたいが、敢然として「なぜ自分たちのサービスがライバルより優れているか」が主張されるのを見るのは気分がいい。往々にしてPRの文言というのは言語明瞭、意味不明瞭になりがちだ。以下に掲載したレポートの場合、そういうことはない。

続きを読む(英語版) »

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)