Insightory、経営知識のWikipediaを目指す

次の記事

脚本家のストライキ、延々続行―オンライン業界は大喜び

insightory.jpgテキサス州Woodlandsのスタートアップ、Insightoryの目標は高い。Wikipediaが一般分野でやり遂げたことを経営知識の分野で実現しようというのだ。

このサービスはScribdやDocstocと並んで文書をアップロードして共有するサービスのひとつだが、他のライバルと異なり、Insightoryは特定の分野に集中し、しかもよく管理されることになるという。コンテンツの提供者は、アメリカを中心として世界各地の経営のプロフェッショナル、大学教授、大学院生などを予定している。

Insightoryは企業がいつも必要としている経営に関する最新の知識を提供するとしている。経営陣はいつもひとつの問題について他者の意見を求めており、このサービスには熱心なユーザーがつく可能性はある。

このサイトは現在アルファ版をテスト中で、今月中にベータ版のローンチを予定している。2008年の前半にはネットワーキングと共同作業用のツールが提供される。Insightoryではアップロードされた中で、経営に関する最良の文書を選ぶコンテストを開催している。$100から$3000の賞金も出る。詳しいことはここに

insightory1.jpg

Crunchbase Docstoc

Crunchbase Scribd

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)