最速デッドプール入りか。IRSeekが閉鎖

次の記事

VidoopはOpenIDをビジュアル化して、さらに収益化

どうやらIRCの利用者たちは、自分たちの会話がインデックスされて検索対象になることを喜んでいないらしい。4日前にわれわれがIRSeekを初めて紹介したときに言ったことそのままだ。

現在サイトは閉鎖中。理由はブログに書かれている。

サイトは停止した。われわれとしては、公開チャットルームのユーザは、そこでの会話が「公開」されていることは認識していると考えていた。公開チャンネルには誰でも出入りできて、チャンネルのログも誰でも取ることができるので(ユーザー自身のIRCクライアントは自動的に会話のログを取っている可能性が高い)、チャットの内容がウェブに公開されたからといって驚くことはないと思っていた。しかも、IRCのログをウェブに公開したのはわれわれIRSeekが最初でない、ということをみんなわかっていると思うし、おそらく最後になることもないだろう(他人がチャットのログを保存して、しかし公開はしないという可能性は別として)。IRCの公開チャンネルでの会話が(IPアドレス、実名、フルネーム、ニックネームを除いて)プライベートだと信じているユーザーやオペレータは、重大な考え違いをしているとわれわれは考えている、IRSeekがあろうとなかろうと。ユーザーからの反応を見て、どうやら気にしている人たちがいることがわかった。

いい考えだ。しかし人々はIRCでのチャットが公開されると(元々公開されていたとしても)パニックに陥いる。IRSeekはデッドプール入り

CrunchBase:IRSeeK

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)