SmugMug、写真とビデオの自動リサイズとHDビデオのサポート開始

次の記事

LimeJuiceの携帯SNSはシンプルで使い勝手がいい―普及の可能性あり

SmugMugはトップクラスの写真共有サイトとしての地歩を固めるべく、いくつかの新機能を追加した。

一連のアップグレードの一部はユーザーインタフェースに関するもので、しかも大変魅力的な改良だ。SmugMugはユーザーがしばしばブラウザーのウィンドウのサイズを変える―そしてサイズの異なるスクリーンのデバイスの間を移動する必要があることを理解して、写真のダイナミックなリサイズ機能を付け加えた。SmugMugではこれを「SmugMungous」と呼んでいる。

ブラウザーのウィンドウのサイズを変えると、ユーザーが見ている写真はオリジナルの画質、解像度はそのままに、自動的に表示サイズが変わる。ページの他の部分についても、ウィンドウ・サイズに応じてダイナミックにサムネールが現れたり、消えたりする。SmugMugは写真だけのサイトではなく、ビデオもホスティングしている。ビデオについても、今回ブラウザ・ウィンドウの大きさに応じてダイナミックにリサイズされるようになった。

これに加えて、ビデオについては、さらにいくつかの改良が行われた。最大1280×720までのサイズのH.264でエンコードされたHDビデオをアップロードし、Quicktimeを利用して(近くFlashも利用可能になる)SmugMugで再生できるようになった。高精細度のビデオがアップロードされたとき、SmugMugはいろいろなサイズ(Web,iPod/DVD、HiDef)で再生できるよう、自動的にそれに対応したエンコードをする。ユーザーは多様な デバイスや設定で再生を楽しむことができる。

ユーザーが公開して共有したビデオのコレクションはiTunesにポッドキャストとしてエクスポートできるので、家族や友達は最新のビデオをコンピュータやAppleの携帯デバイスで楽しむことができる。最後に、SmugMugのiPhoneインタフェースがビデオをサポートした。ユーザーはQuicktimeを通じてiPhoneでビデオを再生できるようになった。

SmugMugは家族で運営されている会社で、この金曜日に満5年目の誕生日を迎える。同社によれば有料ユーザーは45万人を数え、年間売り上げは$10M(1千万ドル)だという。SmugMugには無料アカウントはない。ユーザーは最低年間$40を支払う必要がある。しかし帯域幅もストレージ容量も無制限だ。SmugMugはこれまでに外部資金を導入していない。経営がこれだけ順調にいっている以上、おそらく将来もその必要はないだろう。

アップデート: われわれはRobert ScobleのSmugMugについての紹介ビデオを下にエンベッドした。新機能のリリースの発表は12分ごろから始まる。

Crunchbase SmugMug

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)