Jaxtr
Jangl
Jajah

ソーシャル電話サービスのJaxtr、5ヶ月でなんと500万ユーザーを集める

次の記事

Ask、ユーザーの個人情報を消去可能に―しかし状況は変わらず

jaxtr_logo.jpgソーシャル電話サービスのスタートアップ、Jaxtrは目覚しい成長ぶりだ。この5ヶ月弱(正確には140日)でなんと500万ユーザーを集めることに成功している。7月のユーザー数が50万だったからちょうど10倍だ。Jaxtrではこの成功を、サービス自体の機能が優れていることと、メール中に通話のリンクが貼れることによるバイラルなプロモーションの成功によるものとしている。

8月にJaxtrは100万人のユーザーを獲得したことと、$10M(1000万ドル)の資金調達を行ったことを発表した。この成長に合わせて、同社はMySQLの前CTO、Taneli Otalaをエンジニアリング担当副社長にスカウトした。

Jaxtrの数字を、その主要ならライバルで、最近提携したJanglとJajahの数字とを比べるのは難しい。Janglはサイトとの提携によってユーザーになってくれる可能性のある潜在的な顧客の数しか発表していない。有力な提携サイトとしてはMatch.comとかTagged(こちらは4千万人分のプロフィールにアクセスできる)などがある。Jajahは最近ユーザーが200万を超えた。

Jaxtrは非常に広汎な通話サービスを提供している。ユーザーはウィジェットを利用して匿名で通話することができる。あるいはJaxtrの電話番号で電話を受け、それをユーザーの実際の電話番号に転送させることもできる。Janglと同様、Jaxtrも受信する通話のフィルタリングとかボイスメールのような高度な機能を提供している。これらのサービスはすべてユーザーの実際の電話番号を相手に知られることなして利用できる。また複数のデバイスへの電話を一括管理できるGrandCentralのような機能も開発した。ユーザーは多数の電話番号をJaxtrのアカウントに登録しておき、特定の番号については直接ボイスメールに転送するよう設定できる。

JaxtrのCEO、Konstantin Guerickeは「約85%のユーザーはアメリカ以外の国の居住者で、アメリカ居住者は15%」と述べた。JaxtrのようなVOIP通話システムの直接かつ最大のメリットは国際通話(220の国・地域から利用可能)が安くなることだから、これは当然だろう。JaxtrのようなVOIPによる長距離通話は、両端の市内通話の中間を安価なインターネットを利用した通信に置き換えることによってコストダウンを可能にしている。

Jaxtrのユーザーは毎月100分間の無料通話ができる。ただしJaxtrユーザー同士の通話は100分の制限にはカウントされず、何分かけても無料だ。Jaxtrの将来のビジネスプランは、ユーザーに〔100分を超す〕有料通話を販売することと、無料アカウント用のウェブページへの広告掲載だ。

Crunchbase Jajah

Crunchbase Jangl

Crunchbase Jaxtr

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)