Spokeo 2.0:友だち全員のウェブ行動が追跡できるフィードリーダー

次の記事

セコイア、SEM全自動化の新会社Kenshooに投資

spokeo-logo.pngFacebookで最も病み付きになる機能のひとつが「ニュースフィード(News Feed)」。ソーシャルネットワークで友だちがやったアレやコレやの全くどうでもいい近況をひとつ漏らさず教えてくれる機能だ(Beacon経由で今度は提携サイトの活動も入ってくるようになった)。でも仮にFacebook以外の場所でみんな何をしてるか知りたかったらどうだろう? Flickrに写真を追加したり、Diggにブックマークしたり、Amazonのウィッシュリストに商品を登録したり、Twitterに新規メッセージが出たり…ソーシャルサイトはそれこそ無数にあるわけで全部追跡するのは大変な作業だ。そこでこれを簡単にしようと生まれたのが、Spokeo。ファウンダーのHarrison Tangが本日(米国時間12/10)サイトをリニューアルオープンした。

spokeo-3.pngSpokeo 2.0はブログ専用リーダーのように、30を超えるソーシャルサイトで友だちが何をしているか全アクティビティが追跡できる。対象サイトはBebo、 Digg、Facebook、Flickr、Hi5、imeem、Last.fm、 LinkedIn、MySpace、Pandora、Slide、StumbleUpon、Twitter、Windows Live Spaces、Yelp、YouTubeなど(Deliciousの抜けが目立つ)。FriendFeed同様、友だちのウェブ上の最新行動を絶え間なくストリーム配信する。友だちの近況を知らせるブログフィードリーダーのようなものだ(実際、標準のRSSリーダーなのだが)。

Spokeoの強みは(少なくとも最初は)設定が超簡単なこと。GmailやYahoo、Hotmailの連絡先を全部一気に取り込んでしまうと、あとは見張り先のサイト30ヶ所以上を回ってアドレス帳に記載の人たちの最新コンテンツをかき集めてきてくれる。僕も自分のGmailアカウントで早速試してみたが、ものの3分も経たぬうちに500を超える連絡先の人たちの情報が友だち専用リーダーに入ってきた。これまではSpokeoでこれをやろうとしたら無茶苦茶手間だった。友だち一人一人のブログやフィードを一個一個追加しなきゃならなかった(対するFriendFeedではFacebookの友だち関連情報を吸い上げることができるが、見回り対象はFriendFeedのユーザーだけ。メンバーは自分の情報を他人に見せていいサイトがどれか予め特定しておかなきゃいけない)。

みんな(自分が知ってるつもりの相手)がPandoraで何を聴いて、Twitterで何を書いてるか、これはもうもうもう、大変な驚きだ。

spokeo-4.pngまるで友だちをスパイしてるような気分だが、何よりもこちらが相手の行動を追跡してることがずっとバレないところが最高だ。Spokeoがやろうとしているのはソーシャルネットワーク構築ではなく、みんなが既に加わっている膨大な数のソーシャルサイトで行う動向の追跡を支援することだ。事実、Tangはこう自慢している。:

共有、コメント、メッセージ機能なんてのは採用したところで、その辺のソーシャルネットワークの真似で終わってしまいます。そんなものは取っ払ってしまってSpokeoは友だちの近況読み取りリーダーとして自らのポジションを厳密に位置づけました。Spokeoに参加すると、たちまちいろんなサービスから友だちの全最新情報が見ることができます。ネットワークなんか構築しなくていい(欲しくても)。友だち追加リクエストも送らなくていい。実際、友だちはみなさんが追跡していることさえ知らないのです。

そろそろプライバシー警告のシグナルが点滅してきた人のために、Tangはこうも書いている。:

われわれはただ、ネットで一般公開されている情報にアクセスしているだけですよ。ですからみなさんがアクセスできない情報のことは当社も何一つ知りません。例えば、Flickrではメールアドレスで友だちを検索できる機能がありますよね。SpokeoはただそのFlickrのAPIをコールしているだけなんです。Bloggerにはこの機能がない。だからBloggerの友だちはSpokeoも探せないんです。

連絡先取り込み機能ひとつ取っても試してみたい人は大勢いるだろう。一度取り込んだ人がサイトに戻ってくるかどうかは別問題だが。少なくとも僕がSpokeoに作ったホームページでは、友だちの近況ストリーミングはTwitterのメッセージで独占され気味で、煩わしい。それに Gmailにメールくれた人全員の近況を片っ端から知りたいとも思わないし(Gmailは一度でもメールが来るとアドレス帳に自動的に追加になる)。 Spokeoでは名前を削除して連絡先のグループ分けもできるが、それはそれでやり出すと管理が面倒くさそうだ(はい、怠け者なんです)。

Spokeoが魅力的かどうかは100%、自分の友だちや連絡先がどれだけ面白いかにかかっている。あと、FacebookやTwitterのような大手一つで把握し切れないぐらい量産型かどうかにもよる。でもまあ、人の興味範囲は人それぞれだし、惹かれるウェブサービスも人それぞれだ。Spokeoはフィード読み取りのメタファーを友だちのアクティビティにまで拡大したわけで、これは近い将来、類似のサービスが沢山出てきそうな予感がするね。

Spokeoは友人・家族から小額のシード投資を調達しただけのスタートアップだ。ガイ・カワサキが顧問を務めている。

僕が作ったSpokeoのホームページはこんな感じ。:

spokeo-home-small.png

マイケル・アーリントンとか名前をクリックするだけで、その人の近況ストリームが出てくる。:

spokeo-arrington-small.png

[原文へ]

(翻訳:satomi)