ニュース
Mog

音楽ブログ・ネットワークのMOG、リニューアル―Rhapsodyの音楽ストリーミングを取り入れる

次の記事

Twitterは小説づくりのプラットフォームになるか?

MOGは音楽ファンのためのブログ・ネットワークだが、このほどいくつかたいへん魅力的な新しい機能を取り入れてウェブサイトをリニューアルした。新機能の中でも重要なのは、Rhapsodyの音楽サービスと連携して楽曲あるいはアルバムをMOG中でフルにストリーミング配信できるようになったことだ。

MOGは基本的にはユーザーが音楽についての考えをブログで発信し、今コンピュータで聴いている曲の名前を公開、共有する(このためには MOG-O-MATICという小さなプログラムをダウンロードする必要がある。このプログラムはどんなプレイヤーを使っていてもコンピュータが再生している音楽を自動的に探知できる)。MOGの基本的な存在理由であるこの機能はリニューアル後も変わっていない。しかしRhapsodyとの統合によって、全体としてみるとMOGはユーザーが新しい曲を発見することに重点を置いた音楽ストリーミング・サービスに進化したといえるだろう。

サイト中の記事で言及された楽曲の多くは(ほとんどとはいえないが)、プレイ・ボタンをクリックするだけでそのままウェブ・ベースの Rhapsodyプレイヤーが別ウィンドウで開いて再生が始まるようになった。つまりユーザーがMOGネットワーク中で新しい音楽についての記事を見つけた場合、MOGの中ですぐにその音楽を聞きたいと思ったら、大いにそのチャンスがあるということだ。

もちろんこれはユーザーがRhapsodyの契約者である(月$12の料金)場合に有効だ。しかし、契約者でない場合でも、小さなアプリケーションをダウンロードすれば月に25曲までは無料で聴くことができる。ダウンロードがいやだ、あるいはアメリカ国外に居住しているユーザーの場合は、無料の楽曲かあるいは30秒のサンプルの再生で我慢することになる。

MOGはRhapsodyとの統合に関連していくつか大きな機能強化を行っている。新しいサイトではMOGネットワークのブログとRhapsodyの楽曲データベースを同時に検索できるツールが提供される。たとえば「Pearl Jam」を検索するとドロップダウンに合致するアーティスト、アルバム、曲が表示 される。(ここからさらにPearl Jamに関する詳しい情報と関連するブログ記事を読むことができる)。ユーザーは検索結果の曲をプレイリストに登録してRhapsodyから再生することができる。

別のMOGユーザーの音楽の趣味が気に入ったら、プロフィール・ページに設けられた「Play This Page」というボタンをクリックすると、文字通りそのページでユーザーがリストしている曲をすべて聞くことができる。同様にユーザーが最近再生した音楽、あるいは関連するブログ(MOGと呼ばれる)中で言及された曲すべてを再生することもできる。

新規加入者で、まだ自分の好みに似たMOGユーザーを見つけていない場合は、「Magic Button」と呼ばれるレコメンデーション〔推薦〕機能が用意されている。これは新機能ではないが、新規加入者のコンピュータ上で最近再生された音楽、あるいは(MOGサイト上でRhapsodyを通じて再生された音楽)のデータを分析して好みを推定するというもの。好みの似た他のユーザーを発見した後は、Magic Buttonをクリックするだけでそのユーザーのページが再生され(これは新機能)、一種のカスタマイズされたラジオ局のような役割を果たす。

この他にもいくつかマイナーな改良点がある。デフォールトの画面デザインは今までの陰気な茶色とオレンジからもっとまともな白とベージュに変わった。MOG-O-MATICSアプリケーションも改良されてパフォーマンスと信頼性がアップした。ブログ記事は投稿日時の新しい順に表示され、長すぎる記事は折りたたまれて表示される。

下のビデオではCEOのDavid HymanをMichael Arringtonがインタビューしている。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)