Zoho Show 2.0、更にクリーンなルックスと新機能登場

次の記事

AppJet、シンプルなウェブアプリ制作を簡単に

これまで2年間にわたり、Zohoは、12のアプリケーションとユーティリティ4種をリリース。ほぼ全てAPI公開したかたちで、だ。サービス向上に徹底し、Googleに代わる魅力的なサービスにしようという姿勢を見せている。

zohoscreensmall.png今朝(米国時間12/12)、 Zohoは「Zoho Show」の新バージョンをリリースした。インターフェースがすっきりしたし、GoogleのPresentlyよりも豊富な一連の機能を追加。Zoho Show 2.0の主な機能は:

  • 新ユーザーインターフェース
  • 50以上のテーマ
  • 図形と記号
  • テキスト、画像、箇条書きの項目に利用する黒点などについての編集機能の充実
  • クリップアート
  • Zoho MeetingとZoho Chatのインテグレーション

図形、記号、クリップアートへの対応や幅広い選択肢を備えたテーマは、ビジネスユーザーがPowerPointで重宝している機能だが、現在Googleには欠けているもの。しかし、最近Googleが買収したプレゼンツールを手掛けるスタートアップ企業Zenterのメンバーが、この点を変えるべく一生懸命に取り組んでいるのは確実だろう。



[原文へ]

(翻訳:Nobuko Fujieda)