GoogleによるDoubleClick買収が認められる見通し

次の記事

Fraxi―「Ning」のDiggクローン版

Bloomberg記事に引用された各種情報源によると、The Federal Trade Commission(FTC:米連邦取引委員会)は、GoogleのDoubleClick買収に対し、はやければ今週中にも肯定的な判断を下すようだ、と見られる。

買収が4月に初めて明らかにされて以来、FTCは「同買収が不正競争を招く原因にあたらないかどうか」という視点から調査してきた。AT&Tやマイクロソフトなど多数の著名な業界関係者が同買収に反対を唱え、7月にはテレコム調査グループPrescursorのScott Clelandが同合併に対し、反対を強く主張した。

その際に、われわれは以下のように取り上げた:

FTC(米連邦取引委員会)は、独占禁止を妨げるようなテク業界内の行為に以前は反対してきた(もっとも有名なのはMicrosoftの件)。しかしながら、ブッシュ政権下では、ビジネス慣行について過去に比べてはるかに無干渉主義になった。Googleにとって順風満帆とまでは行かないだろう。しかし、最近の例から見てFTC(米連邦取引委員会)がGoogleのDoubleClickを実際に阻止しようとしたら驚きだ。

GoogleによるDoubleClick買収はオーストラリアではすでに認められている。しかし、ヨーロッパでは規制機関により再検討される予定だ

[原文へ]

(翻訳:Nobuko Fujieda)