Apple、Think Secretサイトを閉鎖に追い込む

次の記事

GoogleによるDoubleClick買収が認められる見通し

thinksecret.jpgAppleとAppleネタで知られるブログ「Think Secret 」は、Apple社の内部情報が漏洩された件について和解した。これによりThink Secretは運営を取りやめる。

ThinkSecretの声明は次のとおり(via CrunchGear

AppleとThink Secretは裁判で和解し、両者にとって建設的な解決に向かうことで合意した。今回の機密に関する和解において、情報提供者の身元が明らかにされることは無い。また、Think Secretは今後一切の運営を取りやめる。Think SecretのパブリシャーNick Ciarelliは「友好的な和解という形で合意に至ったことを喜ばしく思っている。今後は、大学での勉学に励み、より幅広くジャーナリストとしてのあり方を追求したい」としている。

苦い終焉を迎えることになったが、その中での明るい話題は、最後の最後までThink Secretが情報源の身元を明らかにしなかったことだ。Think Secretの編集者Nick Ciarelliは、最後までジャーナリストとしてのモラルの高さを示したことで賞賛に値する。残念だが、Think SecretはTechCrunch Deadpool入りとなった。

[原文へ]

(翻訳:Nobuko Fujieda)