Googleマフィアが行く

次の記事

Wal-Martの映画ダウンロードはDeadpool入り―代わりにSEMサービスを始める

google-mafia.png

Google社員も貫禄がついてストックオプションも全額権利確定してしまうと、中には社章も捨て、Google社食のタダ飯も諦めてベンチャーキャピタリスト(VC)やエンジェル投資家に挑戦する人も出てくる。(Facebookが先に引き抜きに来なければの話だが)。

PayPal出身のPeter Thiel、Elon Musk、Reid Hoffman、Max Levchin、チャド・ハーレイ、スティーブ・チェン、Jeremy Stoppelman、David O. Sacksらが「PayPalマフィア」を形成した前例にならい、グーグルで一儲けしたOBたちもグーグルマネーをシード資本に新たなスタートアップの一翼を形成してきた。

ただし、この2つのマフィアには大きな違いがある。

PayPal軍団は結束が固い。彼らはPayPalがeBayに買収された後、自らの起業エネルギーをどこか他のことに振り向けることを余儀なくさ れた集団だ。そしてThielはおそらく別として、全員が全員、会社を作るのが1番で投資家は2番という考えの持ち主だ。人様のスタートアップにただ投資するだけでは気が済まなくて自分で作ってしまうのだ。—YouTube、Slide、LinkedIn、Yelp、Geni…どれもそう。

また、売却された当時、PayPalにはまだ数百人しか社員がいなかった。逆にGoogleは現在社員1万6000人の大所帯。Google出身の投資家の新興階級と言っても、その多くはGoogle在任中一度も面識がない者同士ということも大いにありえる。

さらに、Google元社員の中にも新会社を興す人は大勢いるに違いないが、新興グループのGoogle出身のエンジェル投資家とVCには純然たる投資家がもっと多いようだ。

では、具体的に誰なのか? 勢力拡大中のGoogleマフィア構成要員はChris Sacca、Aydin Senkut、Paul Buchheit、Georges Harik、Satya Patel、 Salman Ullah、Sean Dempsey、Andrea Zurekをはじめとする面々だ。

Saccaはグーグルの無線周波数帯競売入札・WiFi推進事業総括のポストを辞め、フルタイムのエンジェル投資家に転身した。グーグル在任当時から既にTwitterやPhotobucketに投資は行っていたようだ。 AdWords元マネージャーZurekもエンジェル。 Patelもグーグル広告部門元エグゼキュティブだが、今はBattery Ventures勤務だし、元ディールメーカーのUllahとDempseyの2人は独自のベンチャーファンド創設に向け資金集めに奔走中と報じられている。

しかしPayPalマフィアのPeter Thiel(それともReid Hoffmanか?)に相当する親分は、元Google営業マネージャーのSenkutである。NYTimesはこう伝えている。;

2005年にグーグルを去った後、Senkut氏(38)は約35社に各2万5000ドルから10万ドルの投資を行い仲間内で最もアクティブなエンジェル投資家となった。以上35社のうちグーグルOBが始めた会社は現状たったの2社だけ。だが、Senkut氏が一緒に投資を行う仲間はグーグル元社員たちで、Gmailの最初のバージョンを構築したPaul Buchheit(31)、グーグルがネット検索から業務拡大に乗り出した際、数多くの新事業を手がけたGeorges Harik(36)もそこに入っている。

この記事にある御三家は一緒にMeraki Networksに出資した。また、SenkutのFelices VenturesはBrightRoll、Buzz Logic、Cake Financial、 Dogster、FreeWebs、Mashery、MesmoTV、Mint、PowerSet、SayNow、Yaptaの各社にも資本参加している。 TechCrunchを毎日読んで下さってる方にはおなじみの名前も多いはず。

GoogleマフィアやPalPalマフィアのベンチャーファンドなるもの存在するとして(後者にはThielが取締役を務めるFacebookも含まれる)、みなさんならどちらに投資したいだろう?

CrunchBase: BuzzLogicCake FinancialDogsterFreewebsMasheryMintPowersetSayNowTwitterYapta

[原文へ]

(翻訳:satomi)