meemix
Last.fm
jango

MeeMix、公開ベータへ―飛躍の年になるか?

次の記事

BaiduのCFO、急死―著作権訴訟には勝つ

meemix.pngイスラエルのテルアビブを本拠とするMeeMixについて、われわれは8月に最初の紹介をしている。MeeMixはユーザーの趣味を予測して配信するインターネット・ラジオのクローズドなベータテストを続けてきた。新年を迎えていよいよ一般公開のベータに移行する。

インターネット・ラジオというのは非常に競争の激しいマーケットで、しかも先発のスタートアップ、 Last.fmとPandoraが確固たる地位を築いてしまっている。SpiralFrog、Jango、Slackerなどの後発組や小規模なサービスは苦しい戦いを強いられている状況だ。MeeMixはこのマーケットでのシェアの確保、特に収益の柱となるアメリカ市場への浸透を狙っている。

MeeMixは公開ベータ・テストの開始にともなって、いくつか新機能を追加している。

  • Meeps:曲、アルバム、アーティストに関してユーザーがコメントをベースに会話できる。
  • Station Home:MeeMixのすべてのチャンネル(station)に専用のウェブ・ページが割り当てられた。ユーザーはこのページにアクセスしてプレイリストを作成、編集できる。
  • Mee Feeds:FacebookのNews FeedのMeeMix版。フィードの内容や「お気に入り」に加えられた曲、評価されたチャンネル、友達の追加等々。
  • Mee Journey:他のユーザーが公開しているMeeMixでの活動のログを見ることができる。
  • Station Gift:ユーザーは他のユーザーにチャンネルをプレゼントすることができる。受け取ったユーザーは内容を自由に変更してよい。オリジナルの設定には影響しない。
  • Twitter Integration:ユーザーはTwitterアカウントに現在聞いている曲や「お気に入り」のチャンネルなどの情報をアプロードすることができる。

MeeMixは楽曲数を倍増させたとしているが、検索してみたところでは、私が好きなJohn ColtraneとMiles Davisは1曲も入っていない。 同じ条件で検索するとJangoとSlackerでは結果がヒットした。

チャンネル作成ウィザードで設定できる内容が曲とアーティストに限られているが、音楽のジャンルが設定できるようにしてもらいたい。また、ウィジェット化されたプレイヤー、特にデスクトップに置けるプレイヤーがあったら便利だと思う。

私は最初の記事で、MeeMixの主要な収益源は趣味予測エンジンのライセンスになるのではないかと予測した。どうやらこれはさほど的外れな予測ではなかったらしく、MeeMixでは携帯電話での趣味ベースの音楽配信のためにある携帯キャリヤからアプローチされていると述べている。同社ではこの他にもいくつか興味ある商談の可能性が水平線上に現れているらしい。2008年は大きな可能性を秘めた年になるようだ。われわれはMeeMixについて近くアップデートする予定。当面、MeeMixとライバルを比較してどう思うか、読者の感想が知りたいところ。

アップデート:MeeMixは一部のユーザーに「ライセンス上の問題のため当面イスラエルでの運用を停止する」とメールで通知を送った。(情報提供でOrliに感謝する)。

Crunchbase Meemix

Crunchbase Pandora

Crunchbase Last.fm

Crunchbase Slacker

Crunchbase Jango

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)