DRMの魔女よ、さらば。ソニーBMGがDRM撤廃へ

次の記事

グーグル、画像・動画内テキストの読み取り技術に特許を出願

witch.jpgルートキットでDRM楽曲を推進してきたSony BMGがDRM撤廃に踏み切る。Businessweekが伝えた。

まだDRMのハンデ無しに楽曲を提供していない4大レーベルはSony BMGだけ。残る最後の1社が撤廃に動くことで、DRMの棺おけにも最後の釘が打ち込まれることになる。Sony BMGがアマゾンで発売するDRMフリー楽曲第1号は、Justin Timberlakeの最新の曲(訂正!)となる見込み。

今から12ヶ月近く前、マイケルはここでDRMは避けようのない死に直面するだろう、と書いたが、その彼が正しかったことが今日(米国時間1/4)証明された。次なるターゲットは映画スタジオだ。音楽分野は制覇した。あとは好きな場所で好きな時間に合法的に購入した動画を再生できるような環境の実現が当然、次なるゴールである。革命万歳。

[原文へ]

(翻訳:satomi)