JS-Kit
haloscan

HaloScan、格付け投票ウィジェットの配信でJS-Kitと提携

次の記事

資金調達情報―SugarCRMが$14.5M、Ice.comが$47M

HaloScanはウェブサイトに後付けで簡単に設置できるコメント・システムを提供しており、ユーザー・サイトは489,300に上る。このほどHaloScanは各種JavaScriptモジュールのプロバイダー、JS-Kitと提携、JS-Kitの格付け投票ウィジェットがワンクリックで設置できるようになった。

HaloScanのユーザーはいつものとおりコメント・システムのコントロール・パネルを開き、JS-Kitのチェックボックスをクリックするだけで、そのサイトのコメントシステムの隣にサイトの格付け投票用のウィジェットが表示され、利用できるようになる。JS-Kit自身も格付けウィジェットの他に独自のコメント・システムも提供しており、われわれもしばらく前に紹介しているが、今度の提携ではJS-Kitの格付けウィジェットが新しく追加されたもので、コメントシステムは従来どおりHaloScanのものが使われる。

格付けウィジェットはたまたまHaloScanが提供するコメント欄の隣に表示されるが、格付けの対象はユーザーのコメントではない。(SezWhoのようなシステムの場合、コメントに対する評価が投票される)。JS-Kitの5つ星の格付け画面は設置されているページの内容についてのユーザーの評価を投票するためのものだ。HaloScanを利用している有力サイト(ロサンゼルスのDailyNewsThe Olympianなどのニュースサイトがある)のタイプを考えると、ニュース記事に対する読者の評価の投票などが典型的な例だろう。

JS-KitのCEO、Khris Louxは、「既存のウェブサイトに後付けて機能を提供するわれわれのようなスタートアップにとって、スケールメリットを得るための普及経路を確保することがなにより重要だ」として、この提携に大いに意を強くしている。Khrisは2008年にはこの種のサービスの提供者の間で淘汰が進み、ブレークできないサービスは振り落とされれて消滅するだろうと予測している。コメント、格付け、評価、アンケートなどのウィジェットの市場で多数のプレイヤーが活動する余地があるか否か(私は相当の余地があると思っているが)は結果を見なければわからないが、仮にKhrisが正しいとするなら、今回のウィジェット配信の提携はJS-Kitにとってブレークへの非常に重要な一歩となるかもしれない。

Crunchbase JS Kit

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)